スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--, -- / スポンサー広告 /
振り向かない
あっという間に一か月、たくさん本を読んだ一か月でした。
仕事が急に忙しくなったこともあり後半はほとんど読めなかったけど。
宣言通り有川作品を少しずつ攻めています。

三匹のおっさん、三匹のおっさんふたたび、シアター①、②、キケン
空の中、海の底、塩の街、ラブコメ今昔、クジラの彼、フリーター、家を買う

どれも楽しく読みました。
クジラの彼を読んでからの自衛隊三部作でしたので
あ、この人・・・!っていうのがかなりありまして。笑
失敗したなーとは思うけど、それはそれで楽しかったのでよし。
三部作の中では個人的には空の中が一番好みでした。

文庫ものはだいぶ制覇したなぁとおもうので
そろそろハードカバーにも手を出しましょうかね。
図書館戦争の文庫のカバーが限定になってるのがすごく悩ましい。
でももう持ってるし、さすがに小説で2セット目は・・・・と、なんとか自制するのです。
ハードカバーの方も集めたいなーとは思ってますけどね、ふふん。
スポンサーサイト
31, 2015 / Others / Comment(0)
備忘録
突然思い出したかのように自分の中で図書館戦争再ブーム。
一気に読みなおして、やっぱり有川作品好きだなー。
なんて、ゴロゴロしてたのもつかの間。
ついに他作品にも手を出しました。
わずか4日で4冊、うち3日は出勤してたんですけど・・・(^q^)!?
なので読んだ感想を忘れないうちに綴っておこうかと。

--

『植物図鑑』

何を買おうか迷っていた中でもこれだけは最初から決めてたといっても過言ではない。
というのも、図書館戦争文庫に手を出した時期から気になってた作品のひとつ。
結果、最初から最後までどストライクでした。
私はたぶん有川先生の恋愛ものがすごく好きなんだと思う...
たたみかけるようなイチャイチャからの失踪でしたが
”絶対ハッピーエンドになる”っていう謎の確信があったので
どうやってつないでいくんだろうとか、そういうワクワクが大きかった。
さやかが悲しんだ分、それ以上に幸せになってくれると思っていたので。
序盤のイツキのお前は何者なんだ感もすごい。
ところどころ披露されるイツキの知識はいったいどこから・・・と思いつつ
きっと最後までにわかるんだろうなとワクワクしながら読みました。
草食系にみえて、肉食でしたね。ごちそうさまでした。
個人的にはもっと植物図鑑の創作あってもいいのにーとおもうくらい好きな作品。
二回目は別の視点から読めてきっと楽しいんだろうなぁと今から楽しみ。

--

『県庁おもてなし課』

内容が内容なので、あんまりピンとこない部分も多くて
結構流し読みしてしまった感があります。
郁に負けず劣らずでキャラ読みだなぁ・・・(^q^)
清遠家の人たちの頭のまわりかたは異常じゃないのと思えるくらい。
自分の専門分野でもこんな風にぽんぽん考えたり、先まで読めるようになるってのは
やっぱりそれなりの素質が必要だよねーなんて。
清遠父はともかく、吉門さんは若くして、本業でもないのに頭いいんだなー。
たきちゃんは就職みつからなかったの?ってくらい有能で
なんだか現実味がありませんでした。
役所じゃないけど、この世の中正社員だって糞見たいのが多いといいうのに!
本音言えば、いくらバイトでもそこにいたらそこの感覚になっちゃうものでは、と。
それでも物語を進めるキーパーソンには違いがなかったんですけども。
キャラ読み全開なので
後半の吉門さんの破壊力はすごかった。なにあれ。
完璧超人かとおもいきや、逃げまくってて、甘えて弱みみせて。
かとおもったら思い切っての告白。
もー、完璧にもってかれました。
あと掛水くんは吉門さんのこと好きすぎだし、吉門さんも掛水くん好きすぎ!

読み終わってから実写キャストをみたのですが
吉門さんはもっとこう、髪もちょっと適当で不精鬚生えてるようなそんなイメージだったので
小ぎれいでびっくりしました(失礼)

--

『阪急電車』

有川作品のいいところは、カップルを投げっぱなしにしないで
必ず最後まで描いてくれるところだなと実感した作品でした。
ちょっと甘すぎて、カロリーオーバーな部分は目をつぶるとして・・・
リレー式で話が進んでいくわけです。
出てきた人たちは一度きりでは終わらないのが本当にほっこりするところで。
ああ、こんな風に人とつながって行けるなら世の中捨てたもんじゃないのかなーなんて
私も思ってしまったわけです。
個人的に翔子とミサがつながったのはなんかすごい幸せな気持ちになって。
翔子が電車にのらなかったらミサは別れてなかったわけで
でもきっとその別れたことはいいきっかけだっただろうからなんというのか、うんうん。
出てきたキャラみんなに対して、愛情も愛着も沸くのですが
それこそ語るととんでもない量になりそう。
有川作品の特徴は女性がみんな純粋なとこだなぁと。
ユキも美帆ちゃんも。他作品でいえばさやかも郁もそうですけど。
もう一回、もう一回読もう・・・・・!

こちらも実写キャストみました
失礼ながらミサはもうちょっと頭悪そうな感じかなーなんて思ってました(失礼)
中身は別に馬鹿な子ではないので、見かけだけで。
髪の色が暗いだけで真面目で利発な子に見える不思議。
白いドレスの想像がいまいちうまくできてなかったんですけど
映像で見るとそりゃもう・・・な破壊力でした。
あ、でもちょっとみてみたいなーと思いました。

--

『レインツリーの国』

・・・は、ちょっと後日に。
05, 2015 / Others / Comment(0)
  HOME  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。